東京未来大学の一般入試3つのポイント

本学では、ひとりの学生の成長を複数の教職員で見守り支える、独自のサポート制度を設けています。 短期の目標、長期の将来目標を話しあいながら明確にし、自ら気づき、行動できるチカラを育成しています。
キャンパスのサイズがほどよいので、友達ができやすい環境です。また落ち着いた環境なのでじっくり勉強に集中できます。 最寄りの駅は東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「堀切」駅より徒歩2分。徒歩15分には複数路線乗り入れの「北千住」駅があり、通学しやすい立地です。

近年、高校卒業後の「進路選択」を取り巻く環境は、保護者の皆様が体験された20年前とは大きく変化しています。 急激な少子化に伴い、大学進学率は50%を超え、日本の大学への入学希望者総数が入学定員総数を下回るとされる「大学全入時代」の到来がいよいよ現実味を帯びてきました。

多くの高校生が高等教育を受ける機会を得られるようになった一方で、大学中退率の高さや社会性の欠如、就職難といった問題が浮き彫りになっているのも事実です。大学進学は、高校の延長にある4年間ではなく、10年後の仕事につながる大切なきっかけとなるものです。

だからこそ、4年後の就職活動、さらには10年後を見据えた大学選びが不可欠。4年間で何を学び、どんな力を身につけるのか、東京未来大学ができることをご紹介します。

「大学さえ出ておけば...」と考えている方も多いのではないでしょうか。今、大学を中退してしまう学生が問題になっています。中退の理由は経済的理由が最も多いですが、その他に学業不振、周囲になじめない、大学でやりたいこと がない、周囲のサポートに満足していないという理由が考えられます。
今の高校生は進路選択時に「就職に有利な大学」を重視していることがわかりました。中でも、「企業への就職率」「就職活動のサポート体制がしっかりしている」大学に魅力を感じているようです。 裏を返せば、就職に不安を感じている学生が多いという現実です。 「進学センサス 2016」リクルート進学総研調べ
今、社会で求められる力とはどのようなものでしょうか。日本経済団体連合会(経団連)が実施した調査によると、企業が採用時に学生に期待する素質・能力・知識として、「主体性」「コミュニケーション能力」の2つが突出して高いポイントとなり、次いで「チームワーク・協調性」が続き、グローバル社会で活躍する人材に求められる主体性や他者と協働する力が重視されていることがわかりました。

東京未来大学の就職支援は、1年次からはじまります。自分のなりたい姿や、やりたいことについて深く考え、仕事内容をしっかり理解した上で就職先を探すには3年次からでは遅すぎるからです。1・2年次は全員必修のキャリア授業を実施し、キャリアガイダンスは年間100回を超えます。インターンシップや、企業で活躍する方の講演会など社会に触れる機会を多く設けている点も特徴的で、学生のキャリア意識醸成のため、様々な角度から就職指導をしていきます。

東京未来大学では、1年次から担当のCAが徹底した個別面談を行い、学生の強みや弱み、様々な仕事への適性についてアドバイスをすることで、新たな可能性に気づかせることもできるのです。また、就職支援経験が豊富なスタッフがいる「保育・教職センター」「キャリアセンター」とも連携し、きめの細かいサポートを行います。就職先はもちろん、働くことへの意義や働き方まで、学生と一緒に考えるのが個別サポートに強い東京未来大学の就職支援です

前職の大学のキャリアセンターに24年間在籍し、1万人をこえる学生の就職支援を行ってきました。就職はゴールではなく、はじまり。その後も長く活躍していくためには、モチベーションが重要な役割を果たすということに気づき、この大学へ。変わりゆく時代の中で、可能性を秘めた学生たちが輝き続けることができるようしっかり支援していきたいと思っています。
東京都の公立保育園・こども園で34年間、保育士・副園長・園長という立場から多くの子どもと保護者に寄り添ってきました。人間形成 の基礎を培う大切な乳幼児期に、子どもたちの成長を支え、健やか に育んでいく保育者には、豊かな人間性と高い専門性が求められます。その職責を担う保育者を育成するため、これまでの経験を活かして力を尽くしたいと考えています。学生たちの夢が確かな目標となるよう、しっかりサポートしていきます。

娘は大学を選ぶ上でいくつかの大学を見学しましたが、キャンパスアドバイザー制度に興味を惹かれたようでした。そこで私も一緒にオープンキャンパスに参加してみたところ、この大学ではしっかりと学生をサポートする制度があり、学生が活躍できる場がたくさんあると聞きました。それを聞いて、娘に合っているのではないかと思い、入学を決めました。これからも大学と共に娘をサポートしていきたいと思います。

進学先を専門学校にするか大学にするか迷っていましたが、この大学を知りオープンキャンパスにも何度か参加して本人がここにすると決めました。入学後は、今度は自分がオープンキャンパスのスタッフとして高校生への案内・説明をする側となることで、次第に自覚や責任感がめばえ、頼りになる娘に成長してきました。モチベーション行動科学部は初めて聞く学部でしたが、大学で学んでこれからの人生が、どのように開けていくのか楽しみです。

TOP