東京未来大学の一般選抜4つのポイント

一般選抜(筆記試験)の学科試験は1科目選択。「英語」「国語」「数学」の中から得意な1科目を選んで受験することができるため、受験対策がしやすいのが特長です。

また、両学部とも小論文が事前課題として課せられます。

「こども心理学部」と「モチベーション行動科学部」を1つの入試で併願することもできます。

WEB出願の場合、入学検定料は30,000円で両学部の受験が可能!

(別の日程で再受験する場合は、2回目以降の入学検定料は10,000円)

私立大学の入学金は20~30万円が一般的ですが、東京未来大学では、入学金10万円を納付すれば、合格枠を保有することができます。併願先の入試結果を受けてから、本学への入学を検討することができます。

一般選抜の試験(学科1科目+小論文)に加え、当日の小レポート*で選抜します(同日に実施)。入学検定料の追加はありません。*面接から当日の小レポートに変更になりました。

※A特待は授業料50万円、B特待は授業料30万円、C特待は授業料10万円を年間で減免

※継続審査は毎年実施。最長で4年間の継続が可能。

TOP